宮崎の英語専門教室

リトルスターズ英会話

フットワークを軽く vs 地に足付けて、の両立は可能か

「お父さんから電話があって10分くらい遅れる!ごめん!」

久しぶりに会うオーストラリア人の友人と待ち合わせをしていたら、彼女からラインが入った。

彼女と彼女の夫が到着してよくよく話を聞くと、父親に急かされて飛行機のチケットを予約していたと言う。

来週から急きょスリランカに行ってくる、そうです。ガーン

在日外国人と付き合っていると、「寝耳に水」ということわざがぴったりはまる状況が多々あるので、びっくり箱みたいで面白い。

 

旅行、移住関係で、今までで一番衝撃的だったのは、急に仕事を辞めると言いだし、その3日後シンガポールかどっかに引っ越してしまった知人。しかもファミリーで。

 

私からすれば、荷造り、携帯、水道、ネット、アパートの引き払いなどの手続き、チケットの手配、考えるだけでげんなりするような雑務を思うと、最低でも2週間~は欲しいところだ。

自分が母国にいるならまだしも、勝手の違う異国にいて、さらに異国への移動。

 

当時、話を聞いて彼らの無責任さに呆れたが、

(日本では退職ってたしか遅くとも2週間前に伝えるのがルールでは…)

それ以上に彼らが3日で本当にそれを成して、実際去ってしまったことに驚愕した。

 

 

話を戻すと、スリランカに行くのは2回目で、今回は1ヶ月ほど行くそうで、クリスマス、年越しは向こう、帰りのチケットは現地で様子を見ながら取ると話していた。

荷造り急がなきゃだね、というのがやっとだった。

彼らの感覚からしたら、一か月って2泊3日程度の感覚なんだろうか。

スリランカって、宮崎から福岡程度の感覚なんだろうか。

もしかしたらスマホと財布だけポケットに入れて、手ぶらで行くのかもしれない。

うーん。行きそう。

年中暖かい、暑い場所らしいし。

現地のアボガドは巨大でクリーミーで、とってもおいしいらしい。

パッションフルーツも相当おいしいらしい。

宮崎に戻ったら

Let's do some catch up again!(また近況報告しよう)という話になっているので

彼らの体験談、未踏の地の話を聞けるのを楽しみにしている。

やっぱり「本人」の経験話ほど、面白い話はない。

 

他人の体験談、ゴシップ話、ネットで拾った話...

お酒のアテはいろいろあるが、ネットやSNSが発達しているからこそ

話者の熱や息づかい、感情のこもった生の話は面白いなあと思う。

 

はたしてこの一か月で、スリランカ話に引けを取らない話のネタができるのか。

だけどまあ、最悪何もなかったとしても、「餅を焼いて食べた」

という話だけで彼女は目をキラキラさせて話を聞いてくれるだろう。

とりあえず、いかにいい感じに餅を焼いたか、しっかり形容する言葉を探しておこうと思う。

 

インターネット上のサイトの80%は英語で書かれているという現実

英語をやりこむと、副産物がたくさん得られるからその点でもオススメ。

長くなるので今回は一点だけ。

 

まず集められる情報量が違う。

航空チケットやホテル予約は海外サイトの方が断然安かったりするし、

映画やドラマ漫画などはとりあえず英語のサイトも見ておいた方が有益な情報がころがってる。

一説によると、インターネット上のサイトの80%は英語で書かれているとか。

日本語に固執している限り、私たちは全体の数%の情報のみで切り抜けていかなければならないのだ。もちろん、ネットがすべてではないけれど。

 

自分の話に戻すと、

英語教材や教授法など、私は始めにインターネットや書籍で探すことが多いのですが、

同じ教授法でも、日本語訳バージョンだとかなり内容が簡易化されていたり、省略されていたり。万人にわかりやすく、という点ではいいですが、原書と比べるととても足りないので、原書も取り寄せるようにしています。

韓国など、第二言語として英語を学ぶ他の国の教材を見ても、日本のものはだいぶ偏っている、という発見も。もちろん全部が全部ではないです。

 

インターネットのおかげで、良いと思うものを世界中から取り寄せることができる。

それを研究し、うまく取り入れようと試行錯誤するうちに、自分自身の糧になり

レッスン、授業、講座に反映されて、教え方のスキルが上がる。

すると生徒の英語力にダイレクトに反映される。

英語をバランスよく使える子どもたちが増えてうれしい。

という正の無限ループ!

 

現状で満足することなく、自分の講師としてのスキルを上げ続けたい私としては、

PCと語学力は必須アイテムになっています。

日本の中のものだけで選ぶこと、世界中のものも含めた中から選ぶこと

の違いはあきらかです。

もちろん国内にもいいものがたくさんあって、研修会や勉強会には極力参加したい、時間とお金が許すなら、片っ端から全部行きたい!のは山々なのですが、なんせ地方暮らし。

行くたびに飛行機乗らなきゃいけない、泊まらなきゃいけない。

どうしても絞って行く必要が。。。涙

この一点だけ、都会のみなさんが非常に切ないくらいうらやましいです。

 

教授法に関わらず、こっちは学びの場がとても限られている…

それこそ、ネットや本があるじゃないか~

とお思いでしょう。

違うんです!研修会やセミナーは「ナマモノ」なんです!

何かを学ぶ場合

・本や参考書、テレビ、インターネットだけで学ぶ

・ワークショップやセミナーだけで学ぶ

 

どっちがいいと思いますか?

それは、

・本や参考書でも学び、ワークショップやセミナーで学ぶ

が最強。

 

 例えばマフラーを編みたいと思った人が

ふらっとワークショップに行くのと、雑誌のHOW TO本なんかで、編むイメージとかを入れておいて、習いに行くのとでは、本人の手応えも気持ちも全然違う。

講師のエネルギー、声、雰囲気、熱意、参加者さんのまなざし、内容だけでなく、感じられるものがたくさんあります。新しい出逢いもありますし。

 

まあ何が言いたいかというと、何に関しても

丸投げするのはもったいない、受身なのはもったいないな

という個人的な考えです。

 

だから、英会話・英語のスクールや塾を探しているは

 

自分で

教室の情報を集められるだけ集める

実際に体験レッスンや説明会に行く!全部、行けるだけ行く。

比較する(比べるポイントはまた別の機会に書きます)

選ぶ

 

という選ぶことに真剣になってほしい。

手間だな、すぐ始めたいな、付き合いでもう通うとこ決まってるしな…

わかります。わたしも基本的にものぐさなので。

レストランや喫茶店だったらいいんです、それで。

でも教室や塾、スポーツクラブなどに関しては、子どもを預け、育ててもらう場所だから、

ある程度、決める前に慎重になったほうがいいですよ、という話でした。

話がタイトルとずれてしまったけどおしまい。 

英語、好き?

ずっと抱えていたもやもや、すうーっと、視界がよくなりそうな予感がしています。

一足先に雪が溶けて梅までつぼみを付けそうな、そんな感じ。

まだ12月がスタートしたばかりで、冬本番にもなってないけど。汗

 

 長年英語を教えていると、

「好きなことを仕事にできていいですね」

「英語いつから好きだったんですか?やっぱり学生時代から得意だったんでしょ?」

「英語がお好きなんですね」

と、まあ、会う人会う人、口を揃えて言う。

実は本音の質問の答えは全てきっぱりはっきり「No, no, no, NEVER! Not at all. (いいえ、ちっともまったくそうじゃありません)」

どうせ言っても自分の気持ちなんて理解してもらえないだろうと、今まで曖昧に返事をしてきた。

聞かれるたびに、私はなぜここにいてこの仕事をしているんだろう、と自分でも不思議でしょうがなかった。

お望みの返事をしてあげられなくてとても心が痛むけれど、

私が「英語」を「好き」だったことは一度もありません。

 

そのつどそのつど目の前のことに集中していたら、いつの間にか、今がある感じ。

「いまは、これをやっておこう」「次は、これをやってみよう」
自分の気持ちを大事にして、目の前にやってきた波に、とりあえず真剣に乗ってみる。
そして、いい意味で思いっきり流されて、行けるとこまで行ってみる。
次に、いい波がきたら、またそれに乗る…
もしあなたもそう行動するなら、そのうちに、心の奥で「いつかこうなったらいいな」と漠然と思っていた場所が近づいていることに気づくだろう。

いま目の前にあることをないがしろにして、一段抜かししようとしたり、手を抜いたり、油断したりすることがないように、煩悩や誘惑とたたかうこと。

 

いい波を見逃さずにキャッチする目を養い、たくさんの小さな波に乗ることが、タイミングをつかむトレーニングになり、その後の人生を大きく左右する。

この話もまた別の機会に。

 

正規留学で、大学は米国の短大に進学したのだけれど、

大学時代はレポートやプロジェクト、ホームワークの山に押し潰された。

これが日本語だったら数時間で終わるのに、と何度恨めしく思ったことか。

まあ大学時代の話はまた別の機会に。

いろいろ省略すると、特別でもなんでもないフツーだった自分が、

高校を卒業してから真剣に英語に時間とエネルギーとお金を費やし、

血へどを吐くような苦労をしてそれでも必死にしがみついてきた結果、

現在バイリンガールを維持しつつ、苦労したおかげで、

英語を教えるツボがくっきりはっきり視えるようになった、という感じです。

 

あまりに繰り返される質問に、

「いいえ、そんなことないですよ」

とやんわり否定し続け、英会話スクールに勤めていたときは特に、

夢を売る仕事だから勤務中の言動を考えるように、と第一日目に言われたこともあり、

あから様に否定できずにいた。そして、やんわり否定するとどうなるか。

日本では謙遜している、または冗談だととられるらしい。

うまく言葉に出来ず、それがまたもやもやの原因になり、葛藤、フラストレーションは積もる一方。

 

そんななか、ついこないだ、約12年ぶりに友人と語り合ってしまった。

彼女と熱心に話していたら、10代の頃のような熱いものが「再燃」したというか、彼女が新しい薪をくべてくれたというか。

英語が好きという理由で、英語を教えているわけじゃない、ということを伝え、自分なりに説明すると、彼女はとてもびっくりしていた。

めちゃくちゃ英語好きな人だと映っていたらしい。

気心の知れた友人にさえ、そう誤解されていたのだから、

きちんと言葉にして伝えるって本当に大切だなと、反省。

「察してよ、わかるでしょ?」は傲慢、怠惰なのかも。

 

 

実際に伝わる伝わらないは別として、伝える努力はしたほうがいいんじゃない?

みというフィルターを通して学ぶ英語ってすごく面白そう

考え方とかバックグラウンドとか、人間そのものに興味がある

ブログとか書いてみたら?

 

というような言葉をたくさんくれました。

彼女に感化され、心のままに更新していくことにしました。

学習法や解説のブログは山ほどあるし、どうやって取り入れていったものか、

考えがまとまらず、躊躇していたけれど、何事もやってみなければわからない。

最初から正解しようなんておこがましい。

というか、数字じゃないんだから、自分が選んだ選択を自分の正解にもっていくしかない。

ということで、駄文が続きますがどうぞよろしくお願いします。

 

気が向くままに、

きっかけをくれた彼女についての話。

彼女と初めて出会ったのは高校を卒業して上京したての4月で、彼女は当時からいつも穏やかで誰に対しても物腰が柔らかかった。ネガティブなエネルギーを決して他人にまき散らさない、こんなに年中お花が咲いている人って本当にいるんだなと衝撃を受けた。

店員さんに対してもていねいで、ニコニコ愛嬌よく接する。周りの目がある無しに関わらず、常にそんな感じなので、それが本当に彼女の性質なんだなとしばらくしてようやく納得するまで、そんなに会う人会う人に機嫌よく接していたら、そのエネルギーがいつか底をついてしまうのではと勝手に心配していた。

人間なのでもちろん見せない浮き沈みや悩みがあるのだろうが、努めてハッピー、というような、ほがらかな感じ。

 

現在、彼女は子育てをしながらときどきヨガを教えている。

彼女の雰囲気がスタジオいっぱいに広がり、澄んだやさしい声でリードする彼女のヨガは、きっと素敵だろうなと思う。

自分を控えめにして、周りを尊重する性格も、かけがえのないヨガの時間を創り出すだろう。

目に見えないものを大切にする、彼女にはぴったりの仕事だと思う。

 

記憶はもう曖昧だけれど、12年前、たまにスイッチが入ってはガガガと二人でしゃべり続け、夜更かししていた頃が懐かしい。

御縁とは本当に不思議なもので、部屋ひとつずれていたら、誕生日が1週間遅れていたら(彼女の誕生日は3月末)、違う進路を選んでいたら、すれ違って終わり、もしくは、出逢ってすらなかった。その確率を思うと、何か見えない力が私達を引き寄せてくれたんじゃないかと、感謝の気持ちでいっぱいになる。

 

自分がこうありたい、こうしたい、ということも含めて、語り合う相手がいて、気持ちがあってよかった。

 

当校の特色:ジョリーフォニックス

 当教室ではジョリーフォニックスを取り入れ、

フォニックス教育を行っています。

 

ジョリーフォニックスとは?

イギリスで考案され、世界100か国以上の学校で採用されているシンセティックフォニックスという新しい学習法のひとつです。子どもたちの興味や感覚をマルチに刺激し、楽しみながら英語の読み書きの大切な基礎を構築するために研究開発され体系化されたプログラムです。

日本ではABC順でアルファベットを学ぶことがまだまだ一般的ですが、ジョリーフォニックスでは、音や頻度に関連づけられた順序で学びます。音を歌やアクションを通じて学び、単語の勉強へと進みます。またフィンガーフォニックスと呼ばれる指で直接文字に触れて覚えるプログラムをはじめ、さまざまな感覚を駆使して学ぶ5つのアプローチで読み書きの基礎を身につけます。

 

1.Learning the Letter Sounds 文字の音を学ぶ

基本の42文字の発音を勉強します。これは一般的なアルファベットの26文字以外にsh/th/ai/ueなどが含まれます。

 

2.Learning letter formation 文字の形を学ぶ

視覚だけでなく触覚などさまざまな感覚を使うアプローチで文字の形と書く方法を学びます。


3.Blending ブレンディング

複数の文字や音をつなげて新しい単語の読み書きができるようになるためのトレーニングをします。

 

4. Segmenting セグメンティング - 音の聞き分け

子供たちが言葉の音を聴き分ける勉強をすることで、より高度な英語の綴りを学ぶための大切な一歩をスタートします。

 

5. Tricky words ひっかけ単語

ブレンディングでは読み取れない、不規則なスペルを持った単語を個々に覚えます。

 

音の一つ一つに対して楽しいアクションとストーリーが伴う ジョリーフォニックス

 

◎子供の好奇心をかきたてる、楽しいストーリー◎

隠しアイテムもあるわくわくするような絵と楽しいお話の世界に大人から子どもまで釘付けです。

 

◎文字と音をしっかりリンクさせる、わかりやすいアクション◎

一つの音に一つのアクション。身体を動かしながらしっかりフォニックスを理解することができます。

 

◎ひらがなを読むように英語を読んでいく◎

しっかり文字の音を理解した後は英単語を読み、書いていきます。
アクションヘルプがあるので、小さいお子さんも2重母音・2重子音も楽しく読んでいくことができます。

 

◎聞いた単語を正しい綴りで書けるようになる◎

ジョリーフォニックスの仕上げはディクテーション(英語の書きとり)
アクションのヒントも使って、みんな英単語を聞き、書けるようになります。

 

 

シンセティックフォニックス(ジョリーフォニックス)、多感覚学習、スパイラル方式の3つの柱をもとに、 宮崎の英語専門教室で語学学習指導、支援活動を行っています。

 

当校の特色:スパイラル方式について

当教室では、スパイラル方式 で英語を学びます。

スパイラル方式とは?

同じ題材を何度も用いて、学習する内容のレベルを上げながら理解を深めていく学習方法です。学び直しを何度も行い、らせん状に重複する内容をつくることで、時間をかけてしっかり定着させます。大人が見ると、「一気にやってしまえばラクなのに」と思うこともあるでしょうが、その場限りでなく、きちんと学習を「定着」させることを目的としています。

 

◎英会話の「反射神経」を鍛える◎

教科書、ノートだけで英語を学習しても、机上の知識だけでは実戦では使い物になりません。読み書きに偏った英語力では、将来的に4技能が求められるセンター試験でさえ太刀打ちできないでしょう。英語の知識と技術をらせん状に積み上げ、バランスよく組み合わせることで、生きた英語を身に付けます。英語を頭に染み込ませ、英会話の「反射神経」を鍛えます。また、ひとつの題材に対して、いろいろな材料を用いてメリハリをつけ、飽きずに楽しく学習します。

 

 

 

 

 

シンセティックフォニックス(ジョリーフォニックス)、多感覚学習、スパイラル方式の3つの柱をもとに、 宮崎の英語専門教室で語学学習指導、支援活動を行っています。

 

当校の特色:多感覚学習について

当教室では多感覚学習 で英語を学んでいます。

多感覚学習とは?

 

五感を使った指導のことです。 感じること、見ること、匂いを感じること、話すこと、触れること、聞くこと、動くこと、味を見ること・・・すべての感覚を使って学習します。自分の得意な感覚を用いた学習スタイルを用いると、そうでない場合よりも早く容易に知識や技術を習得することができます。子ども達は多感覚を用いたレッスンが大好きです。

 

1.視覚

2.聴覚

3.触覚 tactile teaching method

4.運動感覚 kinesthetic methods

歌、ダンス、リズム、チャンツ、体操、ゲーム遊び、読み聞かせ、工作、パズル、ジョリーフォニックスなどなど、さらにボールやブロック、カードを使っていろいろな角度から子どもたちの感覚をどんどん刺激し、学ぶ力を育てます。

 

弱い面を補い、強い面に気づき伸ばす 多感覚学習 

例えば、歌が大好きな子が読書が苦手だったり、読書が得意な子がダンスが苦手だったり、個人の得意不得意には大きな個人差があるように、誰にでも弱い面、強い面があります。じっと席についているのが苦手だけれど、運動会のダンスの振り付けを覚えるのは抜群に早い子、ノートを取るのは苦手だけれど、素晴らしい集中力で絵を描き上げる子、私達の得意なこと、好きなことは、本当にばらばらです。伝統的な英語の授業は、先生の話を聞く、問題や教科書を読む、といった、聴覚と視覚の情報処理のみに偏っていました。 「100回書けば覚える」などと指導者が断言することが、いかに無茶なことかわかるでしょうか。もし学習者にとって苦手なやり方やメソッドで学習を強要されると、子ども達は苦痛を感じ、知識の吸収率、習得率もぐっと下がってしまいます。文字指導(ジョリーフォニックス)に加え、数字や英単語やあいさつの学習にも多感覚学習を取り入れることで、弱い面を補い、強い面に気づき伸ばすようにレッスンを進めます。もちろん、多感覚学習法は学習につまずきのある子どもたちにとっても非常に有効です。 

◎バラエティ豊かな活動◎

1レッスンに10項目以上の活動を取り入れ、バラエティ豊かな充実したクラスを展開させます。そんなレッスンに、中には汗だくになりながらレッスンを受ける子どもたちもいます。スピーディにレッスンが進んでいきますので、子ども達は飽きることなくレッスンに夢中です。

 

 

 

シンセティックフォニックス(ジョリーフォニックス)、多感覚学習、スパイラル方式の3つの柱をもとに、 宮崎の英語専門教室で語学学習指導、支援活動を行っています。